ベジママの効果って実際?リアルなママが使用した口コミ

ベジママは、かなり効果があるので利用をしている人の口コミをみてもとても評判が高いことがわかります。

 

 

マカとか葉酸とかいろいろと試したけれど結局だめだった人も、ベジママを使うことで簡単に妊娠ができているのです。

 

 

そんなベジママですが、ほかのサプリとは中身が違います。

 

 

本当にママにふさわしいからだ作りをすることができます。

 

 

ベジママの特徴ですが、主に3つあります。

 

まず1つ目ですが、飲むだけでママにふさわしいからだになれます。

 

 

不妊治療に比べると、毎日自分のペースでママ活ができるので忙しい人でも気軽にできますし、高い効果も実感することができます。

 

 

また従来のママ活サプリメントに配合されている葉酸とか、ルイボスといった成分もきちんと配合されているので効果がより実感できるのです。

 

 

 

2つ目の特徴ですが、安心で安全な独自製法にこだわっていてとても身体にやさしくなっています。

 

 

大切な命をはぐくむ女性の身体のことを一番に考えられていて、安心とか安全にこだわって作ってあるのです。

 

 

成分の一つであるアイスプラントは独自の栽培方法で成分を生成しています。

 

海外の安い製造過程の成分ではありません。

 

 

国内の環境を制御することができる完全閉鎖型植物工場の徹底された品質管理のもとで、栽培されているのです。

 

 

決して身体に害を与えるものは一つもないのですごく安心なのです。

 

 

 

また、ママ活以外にもいろいろな健康サポートが可能という特徴もあります。

 

 

これが3つ目の特徴です。

 

 

ベジママに使っているピニトールは、生活習慣の乱れに悩む人に積極的に利用されています。

 

 

そのため、ママにふさわしい健康な身体作りもできますし、それ以外の健康面のサポートが期待できるのです。

 

 

愛用している人の口コミをみると、身体のリズムが整ってきたとか、表情も明るくなったという声が多くあるくらいです。

 

 

 

身体全体が健康になり。

 

 

子供が授かりやすい体質になります。

 

 

今までいろいろと試したけれどなかなか授かることができない人におすすめです。

ベジママを飲んで障害児を産む確率はあるの?

障害者とは日常生活や社会生活に何らかの影響の出るような制限がある人で、障害児は子どもということになります。

 

 
聴覚障害、視覚障害、脳性麻痺、心疾患、奇形、知的障害、発達障害、染色体異常などがあります。

 

 

 

なぜ障害児が生まれるのでしょうか?

 
これは分かっていないことが多いそうです。

 

 
神様のみが知る領域なんでしょうね。

 

 
でも分かっている範囲では、遺伝性のものや、妊娠中の過ごし方によるものや染色体異常によるもの、出生時のいじょうによるものなどがあります。

 

 
妊娠中に薬を服用したり喫煙をしたり、飲酒をしたりしたこと、また、妊娠中にかかった病気などで障害が出ることもあります。

 

 
トキソプラズマや風疹、サイトメガロウィルス、単純ヘルペスなどに妊婦さんがかかると障害児が生まれることもあるということは知られていますね。

 

 
染色体異常では遺伝子のコピーミスだということです。

 
出産時になかなか産道を通れなかったり、酸素が足りなかったりすると、障害児になってしまうこともあるそうです。

 

 
出産というのは、何でもないようなことですが、本当に気を付けなければならない大事なことですね。

 

 

 

障害児は、高齢出産では妊婦さんの5人に1人にあらわれるそうです。

 

 
高齢出産とは、女性が35歳以上で出産することで、近年は40歳以上の方でも出産する例もよく聞きます。

 

 
最近では、昔と比べると結婚年齢が高くなっているとの話も聞きます。

 

 
女性の社会進出、社会での活躍することは素晴らしいことですが、その反面高齢出産なども増えているんですね。

 

 
昔は、「15でねえやはよめにゆき」という赤とんぼの歌詞にもあるように、10代で嫁ぐことも珍しいことではなかったんですね。

 

 

 

また、不妊症ということも聞くようになりました。

 

 
不妊となる確率は、20代では数パーセントですが、40代になると60パーセントにもなるんだそうです。

 

 
これは生殖細胞も年を取ってくるということです。

 

 
正常な細胞が年齢と共に減って来るんですね。

 

 
不妊の確率も年と共に高くなり、障害児が生まれる確率も高くなるんですね。

 

 
染色体異常の1つであるダウン症の場合、20代での確率は1700人に1人、30代では1000人に1人、40代では100人に1人なんだそうです。

 

 
早く結婚し、早く子供をもうけるということは大切なのかもしれませんね。

 

 

 

しかし、もしたとえ障害児が生まれたとしても、親子や兄弟姉妹には違いがありません。

 

 
愛情をかけて責任をもって育てることが大切です。

 

 
かけがえのない大切な我が子なのですから。

年子と双子どちいが大変?ベジママ妊活で得た命!

年子とは、同じ母親から年が続いて生まれた子供のことです。

 

 
年子の子育ては双子の子育てと同じくらい大変だという話を聞いたことがあります。

 
実際、私の実家の近所に年子のお子さんを持つ方がいらっしゃったのですが、本当に大変だとおっしゃっていました。

 

 
まず、上の子を出産してからまもなくまた妊娠するのですから母体や子宮の負担が大きいです。

 

 
妊娠中も上の子の世話があるので、ゆっくりと休むことはできません。

 

 
年子を出産すると、上の子が1歳で一番手がかかる時です。

 

 
まだ卒乳していない場合もあるかもしれないですね。

 

 
上の子と下の子の寝かしつけの時間が違ったり、どちらかが起きていたりと、母親は寝る時間も無くなることもあるんですね。

 

 
これは双子の場合も同じです。

 
お出かけの時には手がかかる2人を見るのは、とても容易なことではないですね。

 

 

 

進学などを考えても年子だと続いているので経済的にも一編に負担が来ます。

 

 
でもこれも双子も同じですね。

 

 
いろいろな大変さがあるのですが、少し大きくなってくると年子や双子には良い点も出てきます。

 

 
年子や双子は一緒に遊ぶことができます。

 

 
少し大きくなると自分たちで考えて遊ぶようになるんですね。

 

 
これは母親にとってはうれしいことですね。

 

 
また、子育ては一気にきて大変ですが、あっという間に終わったという話も聞いたことがあります。

 

 
一気に来て一気に過ぎて行くんですね。

 

 
経済的にも同じで、一気にかかるときにはかかりますが、それも一気に過ぎて行くんですね。

 

 
そう思うと、年子はそう悪いことばかりではなさそうですね。

 

 
良いこともたくさんありますね。

 

 
何にしても年子であろうと、双子であろうと、年が離れていようと、兄弟姉妹はかけがえのないものです。

 

 
兄弟姉妹にとって、大事な存在ですね。

 

 
そして、自分たちのところに来てくれたかけがえのない我が子です。

 

 
年子であろうと双子であろうと、大切に大切にいつくしんで育てましょう。

ベジママ飲んで男の子を授かった!男の子の子育ては?

男の子の子育てと女の子の子育てでは男の子の子育ての方が断然大変だという話はよく聞くように思います。

 

 
それは、男の子の方が病気になりやすいとか、よく動くし危険なことや危険な遊びも平気でするなどと云うことです。

 

 
でも実際にはどうなのでしょうか?

 
男の子の方が病気になりやすいというのは真実ではなく、男女差はないそうです。
よく動き、危険なことや危険な遊びをしたがるというのはそうかもしれませんね。

 

 
男の子と女の子は根本的に違うのだそうです。

 

 
体のつくりだけでなく、脳の形や脳の働き方も違うそうです。

 

 
ですからお母さんは自分とは違う遊びをしたがったり、危険な遊びをしたがったりする男の子に戸惑うのですね。

 

 
中でも命に危険のあるようなことは絶対にいけないことだと分からせなければなりません。

 

 
例えば、道路に飛び出してしまうとか高い遊具などで手をはなしてしまうとかです。

 

 
これは絶対にいけない、危険だということはしっかりと叱ることです。

 

 
これをしたらお母さんやお父さん、周りの大人がすごく怒るということを分からせることです。

 

 

 

男の子はお母さんのことが大好きです。

 

 
お母さんの機嫌がいいと男の子も気分がよく、なんでもどんどんできるようになります。

 

 
安心して成長できるようにするためには、お母さんの精神的安定が大事になって来るのです。

 

 
お父さんのこともお母さんが尊敬している人なんだよということを伝えたり、お父さんはお母さんのあこがれの存在なんだよということが分かれば、自然お父さんのことを尊敬できるようになると思います。

 

 
男の子にとってお父さんの存在は自分の目標にもなりますね。

 

 

 

男の子の育て方で大切なのは、やはり言葉のコミュニケーションです。

 

 
これは女の子の育て方においても大変重要です。

 
大人同士の関係においても大切ですよね。

 

 
上から目線で叱るのではなく、「○○ができたらすごいね。かっこいいね。」「○○したら危ないよ。でも○○はすごく上手だね。」「これしてくれるかな。してくれたら、すごく助かるよ。」などの言葉がけは有意義だと思います。

 

 
男の子は負けず嫌いであるので、言い方によってへそを曲げることになるかもしれません。

 

 
また、言い方一つでどんどん伸びて行くのです。

 

 
人間皆同じですね。

 

 

 

幼児期の男の子にとって鍛え時だと言われているのは5~6歳の秋だということです。

 

 
このころになるといろんなたくさんのことができるようになってきます。

 

 
その子の感性や能力を大切にして、育てて行きたいものです。

 

 
最近は男の子の断乳が遅れているということを聞きました。

 

 
これは共働きが増え、昼間離れているために寂しい思いをさせているとのお母さんの思いがそうさせているのではないかということです。

 

 
言葉のコミュニケーションを充分にとることや一緒に体全体で遊んだりすることで、男の子は満足すると思います。

 

 
過干渉や甘やかすことは避けましょう。

 

 
愛情をたっぷりかけ、よい子に育てたいですね。