年子と双子どちいが大変?ベジママ妊活で得た命!

年子とは、同じ母親から年が続いて生まれた子供のことです。

 

 
年子の子育ては双子の子育てと同じくらい大変だという話を聞いたことがあります。

 
実際、私の実家の近所に年子のお子さんを持つ方がいらっしゃったのですが、本当に大変だとおっしゃっていました。

 

 
まず、上の子を出産してからまもなくまた妊娠するのですから母体や子宮の負担が大きいです。

 

 
妊娠中も上の子の世話があるので、ゆっくりと休むことはできません。

 

 
年子を出産すると、上の子が1歳で一番手がかかる時です。

 

 
まだ卒乳していない場合もあるかもしれないですね。

 

 
上の子と下の子の寝かしつけの時間が違ったり、どちらかが起きていたりと、母親は寝る時間も無くなることもあるんですね。

 

 
これは双子の場合も同じです。

 
お出かけの時には手がかかる2人を見るのは、とても容易なことではないですね。

 

 

 

進学などを考えても年子だと続いているので経済的にも一編に負担が来ます。

 

 
でもこれも双子も同じですね。

 

 
いろいろな大変さがあるのですが、少し大きくなってくると年子や双子には良い点も出てきます。

 

 
年子や双子は一緒に遊ぶことができます。

 

 
少し大きくなると自分たちで考えて遊ぶようになるんですね。

 

 
これは母親にとってはうれしいことですね。

 

 
また、子育ては一気にきて大変ですが、あっという間に終わったという話も聞いたことがあります。

 

 
一気に来て一気に過ぎて行くんですね。

 

 
経済的にも同じで、一気にかかるときにはかかりますが、それも一気に過ぎて行くんですね。

 

 
そう思うと、年子はそう悪いことばかりではなさそうですね。

 

 
良いこともたくさんありますね。

 

 
何にしても年子であろうと、双子であろうと、年が離れていようと、兄弟姉妹はかけがえのないものです。

 

 
兄弟姉妹にとって、大事な存在ですね。

 

 
そして、自分たちのところに来てくれたかけがえのない我が子です。

 

 
年子であろうと双子であろうと、大切に大切にいつくしんで育てましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA