ベジママを飲んで障害児を産む確率はあるの?

障害者とは日常生活や社会生活に何らかの影響の出るような制限がある人で、障害児は子どもということになります。

 

 
聴覚障害、視覚障害、脳性麻痺、心疾患、奇形、知的障害、発達障害、染色体異常などがあります。

 

 

 

なぜ障害児が生まれるのでしょうか?

 
これは分かっていないことが多いそうです。

 

 
神様のみが知る領域なんでしょうね。

 

 
でも分かっている範囲では、遺伝性のものや、妊娠中の過ごし方によるものや染色体異常によるもの、出生時のいじょうによるものなどがあります。

 

 
妊娠中に薬を服用したり喫煙をしたり、飲酒をしたりしたこと、また、妊娠中にかかった病気などで障害が出ることもあります。

 

 
トキソプラズマや風疹、サイトメガロウィルス、単純ヘルペスなどに妊婦さんがかかると障害児が生まれることもあるということは知られていますね。

 

 
染色体異常では遺伝子のコピーミスだということです。

 
出産時になかなか産道を通れなかったり、酸素が足りなかったりすると、障害児になってしまうこともあるそうです。

 

 
出産というのは、何でもないようなことですが、本当に気を付けなければならない大事なことですね。

 

 

 

障害児は、高齢出産では妊婦さんの5人に1人にあらわれるそうです。

 

 
高齢出産とは、女性が35歳以上で出産することで、近年は40歳以上の方でも出産する例もよく聞きます。

 

 
最近では、昔と比べると結婚年齢が高くなっているとの話も聞きます。

 

 
女性の社会進出、社会での活躍することは素晴らしいことですが、その反面高齢出産なども増えているんですね。

 

 
昔は、「15でねえやはよめにゆき」という赤とんぼの歌詞にもあるように、10代で嫁ぐことも珍しいことではなかったんですね。

 

 

 

また、不妊症ということも聞くようになりました。

 

 
不妊となる確率は、20代では数パーセントですが、40代になると60パーセントにもなるんだそうです。

 

 
これは生殖細胞も年を取ってくるということです。

 

 
正常な細胞が年齢と共に減って来るんですね。

 

 
不妊の確率も年と共に高くなり、障害児が生まれる確率も高くなるんですね。

 

 
染色体異常の1つであるダウン症の場合、20代での確率は1700人に1人、30代では1000人に1人、40代では100人に1人なんだそうです。

 

 
早く結婚し、早く子供をもうけるということは大切なのかもしれませんね。

 

 

 

しかし、もしたとえ障害児が生まれたとしても、親子や兄弟姉妹には違いがありません。

 

 
愛情をかけて責任をもって育てることが大切です。

 

 
かけがえのない大切な我が子なのですから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA