ベジママで流産は防ぐことができるのか?

妊娠を望んでいる夫婦にとって、妊娠した時はとても幸せです。

 

 
しかし、うまく妊娠が進まずに流産してしまうという悲しいこともまれに起こるのです。

 
では、流産とはいったいどうして起こってしまうのでしょうか?

 

 

 

また、どんな時に起こるのでしょうか?

 

 

 

流産とは、体外で生存することができない時期の分娩のことをいいます。

 

 
妊娠22週までに妊娠が終わってしまうことを流産というのです。

 

 
自然に流産してしまうこともありそれは受精卵の染色体異常の場合が多いそうですが、妊娠12週までに起こるそうです。

 

 
この自然流産は、健康な人でも20代で10から20パーセント、30代で20から30パーセント、40代以上では30パーセント以上あるそうです。

 

 
自然淘汰ということかもしれません。

 

 

 

流産に気付くのは、出血の場合が多いですね。

 

 
少量の出血があることがありますが、これは正常な妊娠の場合もあるんですね。

 

 
でも出血には注意や安静が必要です。

 
続くときにはすぐにお医者さんを受診しましょう。

 

 
出血の仕方も人によって違い、だらだらと出血したという人もいれば、急に大量出血したという人もいます。

 

 
その他の流産の兆候や症状としては、いままであったつわりがなくなるとか、おっぱいの痛みや張りがなくなるなどもおこってきます。

 

 
腰痛や腹痛が起こることもあります。

 

 
また、出血もしていないのにお腹の中で胎児の心音が消えているということもあるんだそうです。

 

 
超音波検査で胎嚢や心拍が確認できて妊娠だと言えるのですが、その胎嚢や心拍がなくなったりすると、妊娠しているとはいえなくなります。

 

 
知らないうちにおなかの中で変化が起きていることがあるんですね。

 

 

 

その時には、子宮内容を取り除く手術が必要になって来ます。

 

 
麻酔も必要なようです。

 

 
大変残念で悲しいことですが、母体の健康のために必要なことです。

 

 

 

流産にならないためには、妊婦さんが飲酒や喫煙をしない、カフェインや薬を服用しないことなどはよくいわれます。

 

 
その他、体を冷やさないことや無理なことをしない、立ち続けていることや過激な運動などは控えましょう。

 

 
風邪をひかないようにすることや、冬場はインフルエンザなどにもかからないように気を付けることも大切です。

 

 
腹巻やカイロ、レッグウォーマーなどで体を温めることも良いですね。

 

 
葉酸やビタミンなどのサプリメントを飲んでいる妊婦さんもいますね。

 

 
これらは、産婦人科の主治医の先生ともよく相談して服用するといいですね。

 

 

 

妊娠を継続し、丈夫な元気な赤ちゃんを出産するために頑張りましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA